腰痛に合うサプリとは何か?プロテオグリカンを調べてみた結果

加齢がほとんどの原因だろうと思うが、場合によってはケガや事故、ぎっくり腰などをきっかけに腰痛は発症する。

私のように専門家ではない一般人の知識レベルだと、加齢とともに関節の間の緩衝材の役割を果たしている軟骨がすり減ってきて、最終的には骨と骨が擦れる事から激痛を発生させる。というぐらいの認識だ。

私の身近な話として、父がこれで悩んでいる。職業が大工なので職業病ともいえるかもしれない。若いころに無理して残業続きだったらしく、腰はヘルニア持ち。それに加えて、過去に大工仕事の最中に脚立から転げ落ちたことがあり、その際肩を強打した。その後遺症から肩から腕にかけての神経痛が治らないのだ。

先日、そんな父から私に依頼があった。

関節痛(腰痛)に効くサプリを探して欲しい」と。

腰痛・関節痛を改善する可能性があるサプリ(栄養素)って何?

ネットで、

【腰痛␣サプリ 】

と調べると、

どうやら最近じゃプロテオグリカンという成分が関節痛に働き、改善が期待できるとしてこの手のサプリに配合されているらしい。

プロテオグリカンがなぜ腰痛・関節痛に作用するのか?

プロテオグリカンなる栄養素がなぜ腰の痛みに聞くと期待されているのだろうか?詳しく調べてみると意外にも簡単なからくりだった。

私が見たネットのサイトにはこのように書かれていた。

  • プロテオグリカンはグルコサミンをしのぐ次世代の成分だという事
  • プロテオグリカンは年齢とともに足りなくなる成分
  • かつて1g、3000万円もする夢の成分として研究者の間で注目されていた事

プロテオグリカンとは?

それでは、具体的にプロテオグリカンとは何なんだ?という事で、早速プロテオグリカンの栄養価値について調べてみた。

以下に栄養素の知識が無い人でも分かりやすいように噛み砕いて説明していく。

1.細胞と細胞の間を満たし、保水しながら緩衝材の役割を果たす

プロテオグリカンはとにかく保水力がすごいらしく、その性質によって全身のクッション材の役割を果たしているらしい。

プロテオグリカンは軟骨に多く存在する成分で、高い弾力性を持っている。軟骨が節々の衝撃を和らげることができるのはこのプロテオグリカンの働きによるもの。

こう言われると確かに腰痛や関節痛に影響しそうな成分ではある。

2.20種類も存在するプロテオグリカン

人の体内には何種類ものプロテオグリカンが存在するらしく、アグリカン、バーシカンなどと呼ばれているらしい。ここらあたりは詳しい学者でもない限り知る必要はないだろう。

ちなみに非変性プロテオグリカン。という組織が崩れていないことが重要らしい。

3.ヒアルロン酸と似た感じで吸水力がある

タンパク質と糖鎖から出来ているプロテオグリカン。糖は吸水力が高いようで、その代表がヒアルロン酸との事。なんと1gにつき6Lもの吸水性があるらしい。そして、プロテオグリカンはそのヒアルロン酸と比較しても約30%も高い吸水力があるらしい。すごいぜプロテオグリカン!

4.昔は高価だったプロテオグリカン

開発当初は牛の気管軟骨という希少部位からしか抽出出来なかったので、1g:3000万円ともいわれるような高価なものだったらしい。いくら何でも高すぎる。。

研究の成果によりサケ(魚)の鼻頭の軟骨からもこれを抽出できることが分かり、(確か青森県の弘前大学の研究成果と書かれていたような)その影響で一般人でも手が出るような価格帯になってきたとの事。

が、いまだにプロテオグリカンは高価な成分であるため、プロテオグリカン配合!と謡っていても実際の配合量はサプリによってまちまちである。これについては下に記載するサプリ比較表に細かく言及していきたい。

5.クッションの役割を果たすプロテオグリカン

プロテオグリカンはコラーゲン、ヒアルロン酸と一緒に体内でクッションの役割を果たしているらしい。

皮膚や軟骨の保水性、柔軟性、弾力性はこられの成分によってもたらされている。

6.グルコサミンやコンドロイチン硫酸が合わさってプロテオグリカン

関節の為のサプリと言えば、グルコサミンやコンドロイチンが多い。それらは体内でプロテオグリカンを形作る成分のひとつらしい。プロテオグリカンは、コラーゲンやヒアルロン酸と絡み合って関節に影響しているとの事。

グルコサミンは体内に取り込まれるとプロテオグリカンの一部になる。グルコサミンが節々に良いとされていた理由は「最終的にプロテオグリカンの生成を促すから」だ。

要するに質のいいプロテオグリカンを直接摂取する事が出来るなら、グルコサミンを摂るよりも効率的な関節対策になる。

軟骨は年齢と共にすり減ってしまうため、軟骨細胞のもとになる細胞を増やしたり、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助ける働きがあるプロテオグリカンに今まさに注目が集まっている。

あとお肌にもいいらしい。シミやシワとかね。親父の肌が綺麗になっても誰得か分からないが..女性からすれば一挙両得だね。

7.普段の食事では摂取が難しいとされている

プロテオグリカンは食べて補う事でも有効とされている。しかし、熱を加えると構造が壊れてしまうため、日常の食生活から満足に摂取する事はどうやら厳しいらしい。

サプリで伸びている栄養素を細かく見ていると、熱に弱い成分が多いと思った。筋トレに欠かせないクレアチンだったかグルタミンも熱に弱く、肉や魚、卵を生で食さないといけない。というハードルがある事でサプリが広く普及した。毎日刺身や卵かけご飯を食べる人は少ないからね。

そもそもそんなしょっちゅう牛や魚、鶏の軟骨は食べないだろう。

プロテオグリカンが配合されているサプリ

↓以下はランキングではなく、私がこれまでにネット通販で購入してきたサプリについての紹介だ。実際にサプリを飲んでいるのは私ではなく私の親父なので、あくまで親父にヒアリングした内容の感想という事になる。

サプリというのは薬と違って速効性はないし、体感の度合いも個人差が大きいものなので、最初のうちは騙されたと思って続けるしかない。

明らかな効果がエビデンスとして挙がっていても薬として認可されないものもあるので、サプリ自体を信用するかしないかはその人次第だろう。

ただし、これだけは言えるのが、人の体は口から摂取する栄養素でほとんどが形造られているという事。食事を変えれば人の体調や病気は変化するので、サプリ(吸収しやすくした栄養素)を服用して体調が変わらない。と思う方がおかしいのである。

サプリは食事同様、栄養成分を補助する目的で飲むため、出来る限り摂取し続けるのがベストであろう。私の場合、ネットレビューを書くこともあって、様々なサプリを親父に試してもらっている。

あなたのプロテオグリカンサプリの購入の手助けになれば本望だ。

☆2019/03/31追記しました!

私が最初に買ったサプリ:【北国の恵み】

私が東京から地元福井県に帰ってきたタイミングで、親父に依頼され一番最初に買ったサプリメントがこれ。ネットで色々検索し、物は試しという事で北国の恵みを購入した。その時、細かいレビュー記事を書いたのだけど(別サイト)、どこかのタイミングで間違って消してしまったらしい。今探したら記事自体が無かった。。

北国の恵みは株式会社ウェルビーナス(東京)が製造販売している関節サポート系のサプリメント。プロテオグリカン(非変性)の配合量は公式サイトを確認すると10mg配合との記載が確認できる。ただしそれがパッケージ全体でなのか、一日の推奨摂取量に含まれるものなのかが定かでない。

パッケージの裏面にもプロテオグリカンの含有量の成分表示はされていない。

そのほか、パッケージはカバンに入れて持ち運びしやすい93粒入りのパウチだ。粒の大きさは日本の標準的な錠剤のサイズで特に飲みにくい様子はなさそうだった。

サプリの原材料は北海道釧路沖やオホーツク海で採れるサケの鼻軟骨から採取しているプロテオグリカンやⅡ型コラーゲン。

一日3粒推奨で、一袋で約一か月分という事になる。定期購入も選べるので、3か月~半年ほど継続したのち、効果が実感できた場合は継続購入するつもりで購入した。値段は一か月およそ5,000円程だ。(プロテオグリカンサプリでは標準的かな)

公式サイトには非変性プロテオグリカン:10mg配合との記載あり。

北国の恵みのプロテオグリカン配合量:10mg(一回あたりか全部でかは不明。多分一日目安でだと思う。)

公式サイト

2代目:【Doctor’s Best】グルコサミン・コンドロイチン

その次に手を出してみたのがアメリカの大手通販サイトの[iHerb](アイハーブ)。

筋トレ系のサプリや美容系の化粧品が安く手に入るので日本からの利用者も多いサイト。Youtubeでお勧めされているのを見たことがある人も多いだろう。

日本語にも完全対応しており、何より日本人が書いたレビューが豊富にある為、商品を選びやすいのがメリットだ。

Doctor’s Best のグルコサミン・コンドロイチンMSM は、健康な関節および結合組織の維持を促進する3つの重要な栄養素であるグルコサミン、コンドロイチン、メチルサルフォニルメタン(OptiMSMのMSM)を供給します。グルコサミン硫酸塩は、潤滑および関節運動と柔軟性向上のために関節の健康を促進します。プロテオグリカンから成る軟骨は、主に骨および関節周辺に見られ、主としてコンドロイチン硫酸と呼ばれる側鎖を持つコラーゲンタンパク質で構成されています。MSMは、関節の健康に不可欠であるバイオアベイラブル(生体利用可能)な硫黄を供給します。OptiMSMは、最高の純度と濃度実現のため蒸留により精製された、生体利用可能な硫黄の優れた供給源です。

iHerbより

このサプリは栄養素の含有量も多く、コスパに優れるのは間違いないのだが、一粒が大きくて飲むのが大変なのがデメリット。それと、今回の記事で主題としているプロテオグリカンは配合されていないのだ。あくまでプロテオグリカンの主成分であるグルコサミンやコンドロイチンといった栄養素をサプリとして補給する。というもの。

がさつで大抵のことは気にもしない親父が「飲みにくい」と言っている為、アメリカンサイズで女性には特に厳しいだろう。

Doctor’s Bestのプロテオグリカン配合量:0mg

公式サイト[iHerb]

3代目:【ロコモア】

それからしばらく経って、「サプリ買って!」と言わなくなったな~。と思っていたら、いつの間にか食卓にあったのがこのサントリーの[ロコモア]。

栄養補助食品で有名なサントリーウェルネスという事もあり、親父が通販で注文したのかな?と思った。

180粒入りで約30日分。一日の目安摂取量は6粒だ。ケースはめちゃちっさい。

ロコモアのいいところは、軟骨成分と筋肉の元となる成分を一緒に配合していると言う所。関節が弱っている人は筋肉量も減っていたり、筋肉を強化してサポートしてあげる必要があるので、軟骨強化+筋肉強化は画期的だと思った。

今注目の軟骨成分「プロテオグリカン」も配合

あまり聞きなれないプロテオグリカンですが、これは近年、非常に注目を集めている軟骨成分です。
サケの鼻軟骨(氷頭(ひず))に含まれる稀少な成分で、保水力が高いことが特長。医療の分野でも脚光を浴びています。
30年以上もの研究を経て、青森の弘前大学がサケの鼻軟骨から抽出する方法を確立し、そのパワーは国際的にも注目されています。

ロコモア-サントリーウェルネス-

話題の成分プロテオグリカンも配合している。

商品裏面に書いてあった栄養成分表示を確認すると、プロテオグリカンの配合量は6粒(2.22g)あたり1000㎍(マイクログラム)だった。

マイクログラムは聞きなれないので調べてみると、ミリグラムに直した場合、1000㎍は1㎎ということになった。

少なくないですか(^^;)

ロコモアのプロテオグリカン配合量:一回あたり1mg

created by Rinker
サントリー
¥4,445 (2019/10/19 07:31:24時点 Amazon調べ-詳細)

4代目:【Now Foods】グルコサミン&コンドロイチン

お次に、またまたiHerbに戻ってくることに。今度は一緒じゃつまらないので、別のメーカーの関節サポートサプリにしようと思って、ユーザーレビューが多かったこちらを購入。前回同様の粒のバカでかさでそれが唯一の難点だ。

1日2錠が摂取目安。2錠といっても1錠が馬鹿でかいため2錠でも相当多いと思われる。

NOW Extra Strength Glucosamine & Chondroitinには、2つのよく知られている関節をサポートする原料が硫酸塩形態で組み合わせてあります。 グルコサミンは、軟骨組織の主要抗生物質であるグリコサミノグリカン(GAG)とプロテオグリカンの形成に必須の基本成分です。コンドロイチン硫酸は、適切な関節の可動性と快適さのサポートのために、本製品で グルコサミンと組み合わさっています。

この強度の高い製品には、標準的な強度の製品(1錠中375 mg/300 mg)の2倍の量のグルコサミン/コンドロイチン(1錠中750 mg/600 mg)が含まれています。

iHerbより

Now Foodsのプロテオグリカン配合量:0mg

公式サイト[iHerb]

最新版:潤腰(じゅんよう)

最新情報は2019年の3月31日から服用開始した。

久々に国産サプリを試すことになった。潤腰は福岡県にある株式会社LIFEXが製造、販売しているプロテオグリカンを主成分としたサプリメントだ。ひと箱120粒入りで、一日の目安摂取量は4から6粒。一日4粒飲んだ場合は約一か月分となる。

潤腰

最新という事で開封レビューをしていこうと思う。

身の回りにハサミやカッターが無かったのでペティーナイフでパッケージを開ける親父。

その横で「危ない危ない!」と言っている母。

外装を開けると、説明書と本製品が入ってました。

シルバーにブルーの文字で購入感を漂わせるパッケージ。

約一か月分が丁寧に3包装に分けられている。それぞれ10日分という事になる。

衛生的にパッケージングされているあたり、流石は日本メーカーだなと感じるのであった。

包装を開けます。

お薬のような見た目ですが、健康補助食品です。しっかりとした包装です。

親父曰く、「飲みやすいちょうどいい大きさ」だそうです(^^

同梱のパンフレットにプロテオグリカンの働きや、一日の目安摂取量などが書かれていました。

健康補助食品(サプリメント)に絶対的な信頼を寄せている親父。とても嬉しそうでしたね(^^)

商品説明で書かれていた通り、4カプセルづつ飲んでいくそうです。

潤腰の特筆すべき部分は何といってもプロテオグリカンの含有量の多さ

ぱっと見では違いが感じられないが、他社のサプリと違う高密度な配合バランスとなっている点が素晴らしい。

潤腰(じゅんよう)のプロテオグリカン配合量:一回あたり200mg(ロコモアの200倍)

潤腰(じゅんよう)に含まれる成分とは?

原材料は【鮭・プロテオグリカン】 ・オオイタドリ(大痛取)で本格品質が保証されている。(北海道産秋鮭のみを使用)

プロテオグリカン以外の成分

オオイタドリ:北海道産のオオイタドリ。その名の通り、つらさを鎮める。

グルコサミン:潤腰はプロテオグリカンとグルコサミンを同時に配合することで、軟骨成分の「補充」と「体内での合成」をサポートする。

クレアチン:アミノ酸の一種で激しい無酸素運動で高強度なトレーニングをするアスリートが摂取する筆頭サプリメント。テストステロンの分泌を促したり、筋肉量を増やす働きが科学的に証明されている。

コラーゲン:みずみずしい体を保つ成分。骨にも多く含まれ、体を支える元気成分として働く。

※軟骨成分以外にも筋肉成分も含まれている配合バランスを採用しており、トータルで関節をサポートをしてくれる働きに期待が持てる。

親父の感想

親父曰く、プロテオグリカンのサプリを飲み始めるまでは右側の股関節の曲げ伸ばしをするのがきつ過ぎて、建築現場の和式便器の使用が出来ないくらい、かがむと激痛が走っていたらしいのですが、サプリを飲み始めてからは、大工仕事が普通に出来るぐらいまで回復してきています。今でも一緒に大工仕事をやっていますが、以前にもまして体調は良くなってきているようで良かったです。

特にプロテオグリカン配合のサプリを飲み始めてからは、それまであった関節系の痛みが随分と緩和した実感があったようで、親父にとってこの手の栄養素は体に合っているみたいです。

プロテオグリカンのサプリを始めるまでは、いろいろな疑問や不信感もありましたが、あくまで安全な食品であることを念頭に、

「だめだったら、辞めればいい。」

そう思って、これまで飲み続けてきました。

皆さんの周りにも関節痛で悩まされている方がいらっしゃれば(経済的な負担はありますが)試して損はないので一度お試しになってみることをおすすめします。

高配合プロテオグリカン「潤腰」