【自作PCは安いのか?】動画編集用に32万で自作パソコンを買った

昨日、人生初となる自作パソコンを買いました!

(購入手続きだけでほぼ半日かかった笑)

人生初の自作PC・購入品リスト(参考までにAmazonリンクを貼っておきます)

CPUインテル(INTEL)Core i9-9900KBX80684I99900K
GPU玄人志向NVIDIA/GeForce GTX 1070 TiGK-GTX1070Ti-E8GB/WHITE
メモリコルセア(CORSAIR)DDR4 16GB×2枚[32GB]CMK32GX4M2A2666C16
M.2サムスン(Samsung)Samsung SSD 250GB 970 EVOMZ-V7E250B/EC
SSDサムスン(Samsung)860 EVO 250GBMZ-76E250B/IT
HDDウエスタンデジタル(WESTERN DIGITAL)4TB SATA600 5400WD40EZRZ-RT2
マザーボードギガバイト(GIGABYTE)Z390 AORUS ELITE 
CPUクーラーコルセア(CORSAIR)H150i PRO RGBCW-9060031-WW
電源コルセア(CORSAIR)850W PC電源ユニット [80PLUS GOLD]Corsair RM850x-White-
PCケースコルセア(CORSAIR)570X RGB WHITECC-9011110-WW
OSマイクロソフト(Microsoft)【64bit版】Windows 10 Home 64bit (DSP) 
モニターエイゾー(EIZO)FlexScan [23.8インチ ブラック]EV2451-RBK
キーボードアーキス(ARCHISS)ProgresTouch RETRO /LSBKTKL AS-KBPD87
マウスマイクロソフト(Microsoft)ワイヤレスマウス/ホワイトWireless Mobile Mouse 3500
マウスパッドフリーウェイ(FREEWAY)C401-W004-350*270*3mm 
カードリーダーレイキュー(RayCue)SD カード リーダー USB 3.0 
Wifiアダプタアイ・オー・データ(IODATA)WN-AC433UK 
手袋トラスコ(TRUSCO)静電気対策用手袋(指先ウレタンコート) M 

締めて32万円でした。

Youtubeにアップするための高画質な動画を作るため、

高度な編集ができる動画編集用パソコンを自作する事にしたんですが、

その為のパーツを1点づつ、しかも複数のショップにまたがって注文した訳です。

近所に自作PCのパーツを扱うショップが無い為、自宅からネット経由で通販して買いました。

その際とても厄介だったのが、

  1. お店によって価格差がかなりある(5千円差とかが、ざら)
  2. 在庫状況が異なる(完売、欠品がやたら多い)

という事でした。

結果的に、一つのパソコンを作るために計18個のパーツを買い、

その為に(安値で買うため)計4つのショップから購入する必要があったわけです笑

今回利用したパソコンショップ一覧

  1. パソコン工房
  2. ツクモ
  3. PCワンズ
  4. Amazon

※各ショップごとに特徴がある為、まとめて後述します。

何分、分からないことだらけで多大な労力がかかったかわりに、目的でもあった

  1. 出来るだけハイスペックのパソコンを安く買う
  2. パソコンに関する知識を増やす

これに関して、とても満足のいく結果になりました。

さて、今回初めて自作パソコンを買った事で、

身をもって、自作パソコンは安い!!

という事を実感したわけです。

もしあなたが

  • 動画編集パソコンを出来るだけ安く買いたい
  • とにかく安いパソコンが欲しい
  • パソコンはぴかぴか光ってほしい

このように考えるのであれば、自作パソコンが合っているかもしれませんね。

この記事では、実際に私が体験した、自作パソコンとそうでないパソコンの価格差について分かりやすくまとめようと思います。

【序章】Core i7 7500U + 8GBメモリで動画編集は厳しかった

私が今使っているパソコンは、DELLのノートPCで、おととしの11月頃にブログ作成用に買ったものです。

今使っているノートパソコンのスペック表

  1. CPU:Core i7 7500U
  2. メモリ:8GB
  3. GPU:AMD Radeon 520

その為、パソコンのスペックとしては、ブログを書くには十分ですが、動画編集をするには全く太刀打ちできません。

例えば、

私のパソコンで動画編集をすると起こる不具合

  1. 動画編集中に編集ソフトが強制終了される事がある(作業データが消失する事も…)
  2. そもそもレンダリング(書き出し)が遅く、状況によってはパソコンが固まる
  3. プレビュー中のコマ落ちが激しく、音ズレもある為、まともな編集作業が出来ない

このような事が頻発します。

ちなみに、扱っている動画の画質はフルHD(1920×1080)なので、特別高画質というわけではありません。今後、時代に沿う為に4Kを扱うとなると、まず間違いなく編集不可というわけです。

ちなみに買ったときは約8万円でした。

初めはマウスコンピューターで買おうとした

動画編集用のパソコンを検討し始めたころ、

こちらの動画を拝見しました。

好きで良く見ているYoutuberの動画だったので、かなり影響を受けました。

なので、最初は乃木坂のCMでお馴染みの、マウスコンピューターでパソコンを買う予定でした。

【参考記事】:動画編集用にパソコンをマウスコンピューターで見積もりした結果..

動画編集用にパソコンをマウスコンピューターで見積もりした結果..

マウスにする理由は単純で、完成したパソコンが届くメーカーの中では、Mac(マック)よりも随分安かったからです。

※同じぐらいの性能【CPU+GPU+メモリ】で比較しても10万円ぐらいの差が出る事もw

当然、外見的な事で言えばアップル社のiMacPro(アイマックプロ)の方が理想に近いのは言うまでもないでしょう。

マウスコンピューターはBTOパソコン(Build To Order)といって、自分でパーツが選べるタイプのメーカーです。(同じようなメーカーに、DELLやHP、レノボなどがある)

価格を分かりやすく言うと、

アップル(Mac)> マウス となります。

自作PCを組んで送ってくれる【サイコム】を知った

軍資金が手元に届くまでにまだ時間があった為、他にもっと良い方法はないかとYoutubeやブログで情報集めをしていました。

そんな時、偶然Youtubeおすすめ機能で、瀬戸弘司さんのこの動画に出会います。

普段マック使いの瀬戸さんが、3Dソフトを使うためにWindowsPCを買った。というお話だったのですが、そのパソコンを買ったお店というのが、

  • 自作PCを作って、送ってくれるお店【サイコム】

だったわけです。

何となくですが、マウスで買うよりも安く済みそうだったので早速見積もりしてみる事にしました。

これが自作PCの始まりでした。

パーツのグレードやメーカー名がさっぱり分からない

サイコムはマウスやデルよりもより自作PCに近いイメージのお店で、パーツ選択の自由度が高い為、ある程度パソコンパーツに関する予備知識が求められました。

そんな時、とても参考になったのがこちらのブログ記事です。

【Tomohiro OtaさんのVook】

https://vook.vc/n/641

https://vook.vc/n/649

【よっちゃんさん×Tomohiro OtaさんのYoutubeLIVE】

これらの動画やブログ記事を参考に、それぞれのパーツを何となくではありますが選びつつ、サイコムで見積もりしてみました。

確かその時点ではモニター抜きで35万円くらいだったと思います。

この時の構成はこんな感じ..

  • CPU:9900K
  • GPU:RTX2070
  • メモリ:64GB
  • 空冷CPUクーラー
  • PCケース:FractalDesign DEFINE R5 BLACK

参考にしたPCスペックがこちら↓

Premiereパフォーマンス重視構成
Core i9 7940以上
メモリー64GB
GTX1080もしくはGTX1080Ti
OSドライブ SATA SSD
編集用ストレージ samsung 960evo又は960pro
保存用ストレージ HDD
電源 750ワット

クリエーター用PC(後編)その他のパーツ選定より引用

購入先をマウスからサイコムに変えるだけでパソコン購入費用が随分安くなりました。

【マウスコンピューターでの見積もり結果:約44万円】※4万円のPCモニター込み

【サイコムでの見積もり結果:約34万円】※PCモニター含まず

これ+モニター代なので約38万円ですね。おおざっぱに見て6万円程安くなりました。

この時点では、まだメモリは64GB、CPUクーラーは空冷、カードリーダーは内蔵型、こんな感じで見積もっていますね。(最終的にはメモリは32GB、CPUクーラーは簡易水冷、外付けカードリーダー、LED電飾へと変化していきます)

完全自作PCへの移行を決意する

サイコムで見積もりを取ったのが2018年の年末ごろ。

それまでの経緯として、

マックからマウスに目を向けて見積もり結果が安くなり、

同様にマウスからサイコムへと移り、また結果が安くなり、

最終的に年を越すあたりには私の中で

【自作PCを作る決意】が固まっていました。

私の現在の情報源はYoutubeやブログなどのネット情報が殆どですが、

タダで手に入る情報としてはクオリティーが高すぎて時たま感謝したくなることがあります。

今回も、私を自作PCに導いてくれた優良な情報が沢山ありました。

いくつか紹介しておこうと思います。

パーツの選び方の参考になった動画

簡易水冷にしようと思った動画

デザインの参考になった動画

モニター購入の参考になった動画

キーボード選びの参考になった動画

マウス選びの参考になった動画

あとがき

本日はここまでにします!

次回からはPCパーツ1点づつ取り上げて、なぜそのパーツにしたのか?

詳しく書いていこうと思います。

それではまた次回!

【続き】:ここからは個別に買ったパーツの紹介と選び方の解説にかかります!

【2019年最新】自作PC初心者におすすめなCPUとGPUの選び方