インスタ映えを狙った画像加工テク|フォトショップでRAW現像するやり方

一眼レフカメラで撮った写真を【インスタ映え~】な写真にする為には、

通常パソコンで撮った写真を加工する必要がありますよね。

今回そのやり方をネットで調べてみて、いちから写真加工をやってみたので、そのやり方や得た知識をまとめておこうと思います。

私のように、カメラで撮った写真を本格的にパソコンで加工してみたい。と思う方は是非参考にされてみて下さい。

ステップ1:写真を撮る(カメラの設定をRAWにして撮影する)

いわゆるインスタ映えな写真にするためには、まず始めにカメラの設定を変更しなければなりません。具体的には、

写真データの保存形式を、

  • RAW(ロウ)

にするという事です。

  • JPEG(ジェイペグ)

ではありません。

まずはカメラの説明書をよく読んで、この設定を変更してみてください。

RAW(ロウ)とは何か?

普通、スマホや一眼レフで初期設定のまま写真を撮ると、その写真のデータ形式は、JPEG(ジェイペグ)になっているかと思います。

JPEGの良いところは、

  • データが圧縮されている為、データサイズが小さい
    (保存容量が少なくて済む,データのやり取りがしやすい)
  • どのスマホやパソコンでも同じように写真が開ける(見れる)

という利点があります。

しかし、【もし撮った写真を加工するのであれば】もっと適した保存形式があるんです。

それがRAW(ロウ)という事です。

RAWは日本語で言うと、という意味になりますが、その名の通り、そのカメラで記憶できる情報いっぱいのデータを保存してくれます。

その為、

  • 写真を圧縮しないので、情報量(細部の色など)が豊富。
  • データサイズはJPEGと比べて大きい
  • 特殊な画像編集ソフトでしか開けない

このような特徴があります。要するにRAWとは、プロがするような画像加工をする前提のファイル形式と言えるでしょう。

やってみると分かりますが、カメラの性能以前に、JPEGで撮った写真をいくら加工しても、

↓このようなビビッドな写真にはする事が出来ません(^^;)

ステップ2:Photoshopでデータを開く

RAW形式で撮った写真を、色味を調整してJPEGに変換する事をRAW現像と呼びます。

このRAW現像を行う為には、専用のソフトが必要になります。

例えば、カメラのメーカーさんなども独自に開発したRAW現像用のソフトをリリースしています。費用はピンキリです。

私の場合はファッション専門学校時代に使っていたアドビ(Adobe)のフォトショップ(Photoshop)の操作性に馴染みがあったのと、どうせやるならプロ並みの写真加工技術を手にしたい。という願望があったので、最新版の【Adobe Photoshop CC 2019】でRAW現像をする事にしました。

※フォトショップとは、RAW現像を含め、画像加工に関して出来ない事は無い。というぐらい幅広い作業を可能にする画像編集ソフトの代表格です。

ちなみに、フォトショップが同梱されている、アドビのクリエイティブクラウド(略称:CC)というパッケージは、月額にして約5,000円と、アマチュアが使うには少し金銭的ハードルが高いソフトです。無料で1週間の体験ができる、体験版がネットからダウンロードできるので、どんな事が出来るか実際に試したい方は、フォトショップで検索してみて下さい。

フォトショップに限らず、アドビのデザインソフトというのは出来る事の幅がとても広く、世界中の映像やデザインのプロが日常的に当たり前として使っているソフトです。

技術を習得してゆくゆくは仕事に繋げたい。このようなビジョンをお持ちの方は、少々値は張りますが自己投資として考えて今の内からアドビのソフトに慣れておくのをおすすめします。

私自身、今は体験版ユーザーですが、近々パソコンの買い替えと同時に、Adobe CCに加入するつもりです。

Adobe Photoshop CC 2019のRAW現像画面

フォトショップでRAW形式で撮影した写真ファイルを開くとこのような画面になります。

※私のPCはWindows

↓この部分のように、RAWデータを開くと、色や明るさを変更するためのスライダーが沢山表示されています。

この部分をいじって、画像を自分が好きなように編集していくわけですね。

次の項からは実際にインスタ映えを目指して画像加工していきますよ!

ステップ3:画像の色味を調整する(フォトレタッチする)

と、言ってる間にフォトショップの体験版の有効期限が切れてしまったので笑 フォトショップと同じようにRAW現像が出来るアドビのソフトウェア「Lightroom CC」に切り替えて作業を進めたいと思います。

※使ってみると分かるのですが、フォトショップもライトルームも、RAW現像に関しては使用感に大差はありませんでした。すなわち、どちらか一方が使えれば、もう片方も使えるようになる。という事になります。(あくまでRAW現像に関してですが..)

↓こちらがライトルームのRAW現像画面です。

上体験版をDL、PCにインストールして初めて開いた画面です。

このような画面になったら、RAWデータファイルをマウスで選択して、画面の上にドロップします。

こんな感じで一覧が表示されました!

フォトショップよりもとっても見やすい画面ですね。流石は写真管理アプリというだけあります(^^)

↑あとはフォトショップと同じように、

  • 露光量(明るさ)
  • コントラスト
  • ハイライト
  • シャドウ
  • 白レベル
  • 黒レベル

などなど..

色々と用意されている横スライダーを画像を見ながらスライドしていくだけで、自分が思ったような雰囲気の写真に調整する事が出来ます。

5分ほど触ってみるだけで、インスタグラムで用意されているようなフィルターを超えるような画質の写真を作る事も不可能ではありませんので是非一眼カメラをお持ちの方は試してみて下さい!

私も、今回はじめてRAW現像なるものをやってみましたが、今までのJPEGで撮った写真をフォトショで加工していた時と違って、とっても思う通りの写真にする事が出来たと思います!

参考までに、今回現像した写真のBefore → Afterを載せておきますね!

Before(RAW現像前)

After(RAW現像後)

インスタグラム

Before(RAW現像前)

After(RAW現像後)

インスタグラム